脱毛の種類

脇

脱毛方法

一般的にわき脱毛やその他の脱毛方法には、ニードル式や光レーザー式で行われるのが多いのですが、心斎橋の脱毛サロンによっては、ジェルの上からライトを当て脱毛する、 S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛を取り扱っています。安定したライトと、ジェルに含まれる成分によって肌をいためずスピーディにわき脱毛やその他の脱毛をすることができます。また、施術後には、トリートメントをしてくれます。プラセンタエキス配合の保湿力が高いローションなどを使用しているため、美肌効果も期待できます。わき脱毛の場合は、施術時間が1秒で約200本の脱毛となりますので両脇で約3分程度となります。ニードル式になると90分から120分、レーザー式でも約10分の時間がかかりますので比べるとS.S.C.方式の方が短時間で施術ができますよね。また肌のダメージもほとんどありません。他のわき脱毛になると、一時的に腫れたり、発疹ができたり、やけどやシミができることもあります。どんな脱毛方法でも、1回のお手入れだけではムダ毛は完全になくなることはありません。それは、生えては抜けてを繰り返す「毛周期」があるからです。 毛周期の中でも退行期・休止期の状態の毛は反応しにくいため、数回に分けてお手入れを行います。 2週間以上の間隔を空けていただき、5~6回ほどのお手入れで、脱毛効果を実感することができます。また、光脱毛で施術をしてれる脱毛サロンもあります。この光脱毛のメリットは、レーザー脱毛に比べてライトの照射力が弱く、痛みが少ないことです。また肌へのダメージも、レーザー脱毛に比べて抑えられます。広範囲に照射できるので、1回あたりの施術時間が短くて済むうえ、比較的リーズナブルなところも利点です。しかし一方で、肌への作用が緩やかなため、ツルスベになるまで時間がかかるというデメリットもあります。お手入れは毛周期に合わせて行うため、効果を実感できるまでに6~10回程度かかります。レーザー脱毛に比べて少し長いスパンでサロンに通うことになりますが、肌への負担を抑えつつ費用も抑えたい方にとっては、オススメの脱毛方法です。レーザー脱毛のメリットは、1回あたりの照射力が高いため、光脱毛より少ない回数で終了できることです。ほとんどが5~6回程度の施術で脱毛の効果を実感できるようになります。 一方デメリットとしては、光脱毛よりも照射力が高いため、痛みを感じやすいことが挙げられます。よく「輪ゴムをはじいた程度の痛み」と言われますが、人によってはそれ以上の痛みを感じることもあるようです。痛みを抑えるための麻酔を処方してくれるクリニックもあります。 また効果が高い分、1回あたりの費用も高い傾向にあります。クリニックによっては有料で麻酔薬を塗るなど、痛みを軽減させる対策をとってくれますが、痛みに弱い方や、費用を抑えつつお手入れしたい方には光脱毛やをS.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛をオススメします。

Copyright© 2019 わき脱毛して夏を迎えよう【ムダ毛にさようなら】 All Rights Reserved.